男子必見!!ペニス増大に関する研究結果

ペニス増大に効果的な方法はどれ?それぞれのメリットとデメリットを徹底解明

「ペニス増大に何が1番効果があんの!?」様々な口コミが存在しているからか、「本当に効果のあるペニス増大法」はなかなか掴みづらいものです。この記事では、現在メジャーとされているペニス増大法について徹底解説いたします!

本当に効果があるペニス増大方法は何?

日本人男子の永遠の悩みとも言える「ペニスの大きさ問題」。この悩みを解決しようと、世の中には様々な種類の「ペニス増大法」なるものが、それこそ数え切れない程に存在しています。本当に効果があるものもあれば、中には全然効果を体感出来ないものまで・・

この記事では、数ある「ペニス増大法」の中から、現在メジャーとされている主要な方法について徹底解説して参ります!自宅ですぐに開始できる「費用ゼロ」の方法から、食事の後に飲むだけといった簡単なペニス増大法まで。メリット&デメリットに注目しながら、本当に効果のあるペニス増大法をご紹介致します。

試しやすいのはサプリ

それでは早速最初のペニス増大法を。

初心者にもオススメできる簡単な方法が、「サプリメントの服用」です。商品購入という費用的な問題はありますが、やはり「飲むだけ」という簡単な方法は、かなり試しやすペニス増大法と言えましょう。

ペニス増大サプリのメリットとデメリット

サプリメントを利用するペニス増大法のメリットは、先程も触れたように「手順が簡単」である点でしょう。中には細かな服用法が設定されているものもありますが、ほとんどのペニス増大サプリは「水と一緒に錠剤を飲むだけ」です。

過剰摂取を避けなければならない注意点はあるものの、用法用量を守って飲むという、いたってシンプルな手順はかなりのメリットと言えましょう。

デメリットとしては、「費用がかかる」という点でしょう。ペニス増大サプリの値段はピンキリですが、中には「1ヶ月分1万オーバー」といった商品も少なくはありません。継続して飲むケースを考えると、少々出費が痛く感じる方も多いはずです。

また、「商品によって効果にバラツキが出てくる」というのもデメリットと言えます。通常の薬と同じく、同じモノであっても人それぞれで効果は変わってきます。中には過大広告されているペニス増大サプリも存在していますので、「購入したけど効果なかった!」という事態が発生することもゼロでは無いでしょう。

効果を引き出すポイント

サプリを用いたペニス増大法でしっかりと効果を引き出すためには、どの商品にも共通するポイントが幾つか存在します。簡単なポイントですので、以下の事項をしっかりチェックしておきましょう。

  • 3か月以上は継続する。
  • 用法用量を守る。
  • 水かぬるま湯で飲む。
  • 生活習慣の改善をする。
  • 口コミを過信し過ぎない。
  • 成分を把握する。

 

上記のポイントは、なにも精力剤だけの話ではなく、全ての健康系サプリメントに共通すつものと言えます。中でも注目してほしいのは「継続すること」と「用法用量を守る」という2つのポイントです。

サプリは継続することでその効果を上げてゆきます。最低3ヶ月は摂取を続けるようにしましょう!また、「サプリの摂り過ぎ」は絶対に禁物です!思わぬ副作用で健康被害が生じるケースもありますので、必ず商品ごとの用法用量を守って下さい。

オススメサプリランキングTOP5

それでは、実際に発売されているものの中から、5つのオススメペニス増大サプリをランキング形式でご紹介致します!

1位「ヴィトックスα」

累計売上20万以上を誇る人気商品が「ヴィトックスα」です。ペニス増大サプリの定番である「シトルリン&アルギニン」がたっぷりと配合されています。参考の商品価格は、「1ヶ月分で約12,800円」となっております。

2位「ソフォン」

第2位は、アカガウクルアという名称で呼ばれることもあるタイ原産のハーブ「ソフォン」です。ヴィトックスαが商品名であったのに対し、こちらのソフォンが成分名ですのでご注意を。

ソフォンは、滋養強壮成分としても古くから愛用されており、長期的な服用でゆるやかにペニス増大を図りたい方にオススメです!ソフォンが主成分であるサプリメントの参考価格は「1ヶ月分当たり約680円」。即効性は無い商品ですので、手軽な価格で手に入れることが可能です!

3位「ギムリス」

お次は、販売実績10万個を誇るペニス増大サプリ「ギムリス」です。

1位のヴィトックスα同様、シトルリン&アルギニンをしっかり配合しています。ギムリスの特徴は、その他精力剤ではなかなかお目にかかれない「クラボワスカ」という南米アマゾン原産の植物成分。まだまだ情報の少ない成分ではありますが、かなりの稀少性があるようですので要チェックですね♪ギムリスの参考価格は、「1ヶ月分で約11,900円」となっております。

4位「ゼファルリン」

続いては、日本人向けに開発されている「ゼファルリン」です。

こちらもヴィトックスαと同様、かなりのロングセラー商品として知られています。注目すべきはその「安全性」。製造の全てを国内で完結させておりますので、安全性への信頼度はピカイチです!参考価格は、「1ヶ月分当たり約13,800円」となっております。

5位「ペニトリン」

最後にご紹介するのは、トッカンアリ成分が豊富に配合されているペニス増大サプリ「ペニトリン」です。トンカットアリは、東南アジアで「天然のバイアグラ」として重宝された歴史をもっています。参考価格は「1ヶ月分当たり約8,200円」。その他ペニス増大サプリよりもややコスパに優れていると言えます!

サプリと併用すると効果大のトレーニング

ペニス増大の手段として、ここまでは「サプリ服用」について触れてきました。

ここからは、是非ともサプリと併せて行って欲しい「ペニス増大トレーニング」です。器具なしですぐ開始できるトレーニングからご紹介してゆきましょう!

チントレのメリットとデメリット

ペニス増大トレーニング、略して「チントレ」。

チントレのメリットは、ズバリ「コストがかからない」という点に尽きるでしょう。費用ゼロでスタートしたい方には、かなりオススメ出来るペニス増大方法と言えます。もちろん、サプリ服用などのその他のペニス増大法と併せて行うと、それなりの相乗効果が期待出来ますよ!

チントレのデメリットとしては、「効果が出るまでの期間が長い」というものが挙げられます。体質によって人それぞれであることが前提ですが、基本的にはサプリ服用よりも「効果が現れるまでの期間は長くなる」と捉えた方がベターです。

チントレの方法

それでは、チントレの方法を簡単にご紹介します。

 

  1. 「PC筋を鍛えるチントレ」 → この方法は、おしっこを我慢する時に働く「PC筋」を鍛えるトレーニングです。このPC筋の筋力がアップすることで、早漏改善やペニス増大の効果が得られるとのこと。PC筋は肛門を締める時にも動きますので、「肛門を締める動作」を意識的にじっくり行うことがPC筋トレーニングの方法です。

 

  1. 「亀頭増大トレーニング」→ この方法は、ずばり「勃起したペニスの根本を握る」チントレ法です。勃起じた状態で根本を圧迫し、数秒間維持することで亀頭周辺への血流アップを図ります。

 

  1. 「ジェルキングトレーニング」→ なにやら覚えにく名前ですが、ジェルキングでは「ペニスを引っ張る動作」が重要となります。半勃起の状態から、マスタベーションの動きをイメージしながらペニスを握る手を根本から先端部までスライドさせます。牛の乳搾りのような動作を想像して頂ければつかみやすいと思います。このトレーニングでは、先程の亀頭増大チントレ同様に「亀頭への血流UP」が主な目的となります。

器具を使って増大

続いてご紹介するペニス増大法は、「専用の器具」を用いるものです。

器具でのペニス増大のメリットとデメリット

器具を使ったペニス増大法のメリットは、「器具なしでのチントレよりもやりやすい」という点でしょうか。専用の器具を用いますので、適切なトレーニングの実行は難しくないと言えます。また、器具無しのチントレよりも、若干の即効性は期待できるようです。

デメリットは、やはり「専用の器具の購入が必要」という点です。なかなか取り扱われていない商品ですし、値段も張るものが多いです。

器具の種類

チントレ専用の器具は、大きく分けて2種類。それぞれについてザックリと紹介しておきますね。

 

  1. 「ポンプタイプ」→ ポンプタイプのチントレ器具では、シリンダー状の器具にペニスを挿入し、内部の空気を吸引することでペニスに圧力を加えます。器具なしでペニスに圧力を加える場合よりも、均一な刺激を与え続けられる点が特徴です。このタイプの商品の相場価格は「3-4万円」。中には数千円の商品もあるようですが、破損等のトラブルのリスクが高いようです。

 

  1. 「引っ張りタイプ」→ ひのタイプの器具では、文字通り器具でペニスに張力を加えます。手だけで引っ張るよりも、均一な力を加え続けることが可能なようです。ただ、引っ張る力によってはかなり痛みを感じるケースもあるようですので、この点はデメリットと言えましょう。相場価格は「2-3万円」であるようです。

即効性なら手術

最後にご紹介するペニス増大法は、ズバリ「手術」です。即効性を求めるならばこの方法に勝てるものは無いでしょう。

手術をするメリットとデメリット

手術でペニス増大を図る際のメリットは、やはりその即効性です。デメリットとしては「費用」と「後遺症のリスク」。判断は人それぞれですが、やはりデメリットの方がどうしても気になってしまうペニス増大法と言えましょう。

手術の方法

手術の方法は大きく分けて2つ。「ペニスを長くする手術」と「ペニスを太くする手術」です。

どちらの手術も様々な手法が存在しているようですが、値段の方もピンキリで、安いものは約5万円、高いものだと約50万円近くかかるようです。

手術によるペニス増大はかなり専門的な方法となりますため、もし行う際は、医療機関にてじっくりとカウンセリングを受けるようにしましょう!

自分に合ったものを組み合わせよう

ここまでに「①サプリ服用」「②チントレ(器具アリ&ナシ)」「③手術」という3つのペニス増大法をご紹介しました。

経済的に継続できる事が大切

ペニス増大を考える上で、最も重要なポイントが「継続できるか?」という点です。手術は除きますが、多くの人が実行しているペニス増大法は「継続しないと効果が出ない方法」です。自分の経済状況を鑑みて、長期的に実行できる方法かどうかをしっかり見極めましょう!

口コミや誇大広告の過信はNG

また、過大広告や偏った口コミ情報に頼りすぎるのも少々考えものです。最終的には自己判断となりますが、ペニス増大に関わる商品等を購入する際は、事前にしっかりとリサーチをかけるようにしましょう!「単独サイトのみ」「高評価のレビューのみ」といったリサーチ方法は、決して行わないことをオススメします。

継続が実を結ぶ

まとめとなりますが、先程綴った内容を繰り返させて頂きます・・・

「ペニス増大は継続が命!」

コレにつきます。何事も継続は力なりです。この記事で触れたどの方法(手術は除く)も、「3ヶ月」を目安として続けることが非常に重要ですので、実際にペニス増大に取り組む際は、今の経済状況と比較してその方法をチョイスしてみて下さいね♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

アーカイブ